フルート上達の秘伝

短時間で最大の効果を上げる練習方法を公開しています

Koehler : op.33-2 No.2

ケーラー作曲「12の中程度の練習曲」作品33-2、第2番の 山元版と技術練習です。

山元版は、作曲者ケーラーのオリジナル版にブレス、ダイナミクス、アクセント、テヌート、速度表示、発想記号などを加えてあります。

これは表現のための、ひとつの方法に過ぎません。

他にも良い方法が、たくさんあるはずです。

参考程度にご覧頂ければと思います。

 

f:id:flute-practice:20210723080741j:plain

Koehler : op.33-2-2 p.1

 

f:id:flute-practice:20210723080903j:plain

Koehler : op.33-2-2 p.2

 

 

f:id:flute-practice:20210723081039j:plain

Koehler : op.33-2-2 p.3

 

以下は技術練習になります。

具体的な攻略方法の提案です。

1a】【1b】などのリハーサルナンバーは、それぞれの部分の効果的な練習方法です。

11a】、【11b】のように【楽譜通りの形】と【変奏】を行き来して練習してください。

ひとつのリハーサルナンバーに複数のエクササイズ(繰り返し記号)がある場合は、それぞれのエクササイズの最後の音と次のエクササイズの最初の音が同じになっておりますので、繰り返しをせずに繋いで練習することが可能です。

それぞれのエクササイズを良く練習した後に、最後のエクササイズ→1つ前のエクササイズ+最後のエクササイズ2つ前のエクササイズ+1つ前のエクササイズ+最後のエクササイズ、といった「さかのぼり練習」も大変効果的です。

 

f:id:flute-practice:20210723081122j:plain

Koehler : op.33-2-2 Ex p.1

 

f:id:flute-practice:20210723081219j:plain

Koehler : op.33-2-2 Ex p.2

 

f:id:flute-practice:20210723081243j:plain

Koehler : op.33-2-2 Ex p.3

 

f:id:flute-practice:20210723081307j:plain

Koehler : op.33-2-2 Ex p.4

 

f:id:flute-practice:20210723081332j:plain

Koehler : op.33-2-2 Ex p.5

 

【1a】冒頭を柔らかく滑らかに吹くための練習。逆行で始める方が簡単。構えの圧力と息の圧力を変えずに息の量だけを減らしてピアノを吹く。フォルテと同じ音質、音程が保たれている事を確認すること。

【1b】リズム練習。アーティキュレーションを目立たせるためにスラーの最初の音をハッキリ吹く。

【2a】【2b】同上。

【3a】【3b】リズム練習。

【5a】【5b】リズム練習。

【6a】リズム練習。テヌートの付いた音符に重みをかける。

【7a】【7b】リズム練習。

【8a】〜【8c】リズム練習。

【9a】リズム練習。

【9b】ディミヌエンドのための練習。

【11a】リズムを単純化してエコーを練習する。

【11b】リズムを単純化してピアノを練習する。フォルテのパワーで息の量だけを減らしてピアノを吹く事。